法人サポーター|サポーターの声|公益財団法人CIESF(シーセフ)は、教育をはじめとして、カンボジアなどの発展途上国を支援しています。

サポーターの声

寄付する

♦ シーセフの活動を支援・協力してくれているサポーターの声 ♦

シーセフを支えてくれているサポーターの方々からのメッセージをご紹介します。

●法人サポーター

株式会社ストーン・フィールド

代表取締役社長 石田 敬宏

弊社は創業13年、調剤薬局を関東で3店舗、関西で9店舗、カンボジアで1店舗
を運営しています。1974年に医薬分業が始まり薬局の役割も大きく変わりつつあります。
ですが原理原則は不変で日本国民の健康を守ることが使命です。特に精神科医療と在宅医
療の分野に注力したサービスの展開をしています。昨今、精神的な疾患でお困りの患者様
も増えていますし、日本は少子高齢化が進んでおり医療が必要な高齢者も増えています。
薬局の薬剤師という立場でドクターへの薬剤の提案や減薬、飲み合わせの確認、薬剤の管
理、説明や多職種連携など薬剤師の役割は多岐にわたります。また、栄養士も店舗に配置
し栄養指導を行い、病状の改善、予防に貢献しています。定期的な栄養相談会、キッズ薬
剤師体験などの活動も行っています。今後も少しでも多くの方が健康で長生きできる社会
になるように貢献していきます。
シーセフ様へは年度の定額寄付、処方箋1枚で1円の寄付、募金箱、ビジネスモデルコンテ
ストへの寄付、スクールバスへの寄付など微力ではありますが支援させていただいていま
す。

株式会社ストーン・フィールド
http://www.stone-field.co.jp/

(1)どのようなきっかけでシーセフへの支援を始めましたか。
大久保秀夫塾への入会がきっかけです。弊社は「我が信条」に地域社会への貢献を掲げて
います。薬局としての貢献は当たり前で、もっと視野を広げて世界に対する貢献を考えて
いる中でカンボジアと日本の歴史上の関係を知り、また、現状を知り、心から支援したい
と思いました。
(2)シーセフを支援し始めてからどのような変化がありますか。
社員の意識が変わりました。自分たちが仕事をすることでカンボジアの教育の向上に貢献
できていると実感しています。世界に目を向けるようにもなりました。また、入社する社
員が社会貢献をしたいという意識の高い人に変化してきました。現地に初めて視察に行っ
たときに支援させていただいている生徒達と会った時に心から良かったと思いました。
(3)シーセフの活動についての応援コメント
プノンペンに新校舎CLAを開設し幼稚園、小学校、中学校までの一貫教育校を作るという
大きなビジョンがあります。これからの道のりも長いですがカンボジアの教育環境にとて
も貢献されていますし、卒業生が仕事をするようになったらどんなに素晴らしいかを強く
思い続けていきたいと思います。私自身は今後も長く関わりたいと思っていますし、私の
ように世界に目を向けて、貢献したいと少しでも思われた方は是非、一緒に支援させてい
ただきましょう。

株式会社不二興産

代表取締役  猪子能史

私たちは創業以来一貫して不動産の再生に取り組んでまいりました。日本は本格的な人口減少に突入し、私たちが主力とする収益不動産を取り巻く環境は、日に日に厳しさを増しています。
そうしたなかで、私たちが培ってきた経験とノウハウを活かし、収益不動産の買取/再生/販売/管理を中核としたビジネスを展開しています。また、人口減少から派生する空室問題などは、収益不動産オーナー様の不安を高めています。
私たちは、収益不動産再生の経験から空室対策のアドバイス・収益不動産管理を行うだけでなく、相続問題の解決・資産の組み換えのコンサルティングを通じ、オーナー様の「資産の最大化」だけでなく「資産の最適化」を目指し日々事業に取り組んでおります。
私たちは、収益不動産を買う方、保有する方、住む方、売る方の安心できる生活の提供を第一主義を考えています。私たちは、信用信頼というかけがえのない大きな喜びを私たちと関わる人々と共有するため、また、お客様のよりよい暮らしとより良い社会を実現するため、日々考え挑戦し続けています。

また、弊社ではCSR活動にも力を入れており、弊社保有不動産に設置された自動販売機の利益全額のCIESF様への寄付、会社利益の一部を社会貢献活動へ還元する、全社員の社会貢献団体へのボランティア活動への参加などを行っています。

株式会社不二興産
https://fuji-kosan.jp/


(1)どのようなきっかけでシーセフへの支援を始めましたか。
公益資本主義推進協議会(PICC)の考え方に共鳴したことがきっかけです。
経済はお金が循環していくことが重要ですが、それだけでなく、もっとよい世の中になっていくためには「思いやり」が循環していくことが必要だと考えています。
そうした意味で、公益財団法人CIESFのされていることは世界にとって、とても重要だと考えています。
私共もその活動の一助となれればと思い支援をさせて頂くことにしました。


(2)シーセフを支援し始めてからどのような変化がありますか。
社員の意識が変わりました。事業活動だけでなく支援をさせていただき社員が世界とのつながりを感じるとともに誇りをもつことができたと感じています。
また、採用の際にも社会貢献活動を弊社が行っていることが応募の決定打になったという社員さんが多数でてきています。



(3)シーセフの活動についての応援コメント
今後も、活動の幅を広げより多くの人たちの可能性を高めるきっかけを創り続けてれいかれるとともに、サポートされる方たちがやがてサポートする側になっていく「思いやり」の連鎖を創っていかれること期待しています。

株式会社トリドールホールディングス

株式会社トリドールホールディングス
CSR推進室長 大下浩平

弊社は丸亀製麺を中心に飲食店を展開する外食企業です。2019年3月末時点で国内1,103店舗 海外575店舗、合計で1,678店舗を展開しております。丸亀製麺は全店、各店舗で職人が粉からうどんを打っています。その技術を活用し、食の尊さを知ってもらう食育活動として「手作りうどん教室」を全国で実施しています。2012年に開始をしてのべ35,000人の子どもたちにご参加いただいています。

株式会社トリドールホールディングス
www.toridoll.com

(1)どのようなきっかけでシーセフへの支援を始めましたか。
丸亀製麺ボンケンコン店(当社子会社のトリドールカンボジアが運営)がうどんの美味しさを知ってもらおうと「手作りうどん教室」をCIESF Leaders Academy様の児童の皆様と行ったことがきっかけです。その後もうどん教室を定期的に行いながら、ビジネスコンテストのスポンサー、おもちゃの寄付などの支援を行っています。

(2)シーセフを支援し始めてからどのような変化がありますか。
児童の皆様とうどん作りを何度も行ったのですが、粉まみれになりながらも満面の笑みでうどんをつくっている姿を見て、食育活動の重要性を改めて認識することができました。料理をする楽しさ、親への感謝などの気持ちが児童に芽生えていることを期待しています。
またCLA様とのうどん作りの様子を記録した動画を見た日本の本部有志スタッフが、CLA様の児童におもちゃを買おうということで寄付をしてくれたりと、本部内でも地域貢献意識が高まりました。

(3)シーセフの活動についての応援コメント
新たな学校のご開校おめでとうございます。生徒の年齢の幅が広がり、人数も増えて今までにはなかったご苦労もあるかと思います。CLA様の最大の強みは本当に良い先生方がそろっていることで、皆様の力で乗り越えて行かれるのだろうと思っています。そんな中で、これからも微力ながらシーセフ様の活動を支援させていただければ幸せです。

  • クレジットカードで寄付する
  • 地球の未来のためにエコとリサイクルをお手伝い スマイル・エコ・プログラム ちょっといいことしませんか?
  • SoftBank かざして募金
  • ホームページ制作はお任せください。 公益財団法人CIESF(シーセフ)×ステージグループ
  • 国際交流、奨学金支援のクロスボーダー・ウィング
  • クレジットカードで寄付する

Copyright (C) CIESF. All rights reserved.

↑