現地リポート|公益財団法人CIESF(シーセフ)は、教育をはじめとして、カンボジアなどの発展途上国を支援しています。

現地リポート

現地リポート
「国境なき教師団」 活動報告会 2015.02.20 「国境なき教師団」 活動報告会 カンボジアの教員養成校の教官のレベルアップを目指す「国境なき教師団」の活動にご賛同いただき、4年前からご協力くださっている東京のロータリークラブの方々が活動視察に、カンボジアにいらっしゃいました。

東京の13のロータリークラブを含む21のロータリークラブのご支援で、2014年3月から2015年2月まで、教育資材の提供と日本人ボランティア2名をプレイベン州教員養成校に派遣する事業を行っていただきました。
本事業はロータリークラブのグローバルグラントを通して、カンボジア教育支援を実施していただいているものです。
東京のロータリークラブを代表して7クラブの方々がカンボジアに視察訪問に来られたので、活動の成果を知っていただくために、2月上旬に活動報告会を開催しました。
報告会では、日本人ボランティア2名だけではなく、支援を受けたプレイベン州小学校教員養成校の校長先生はじめ、理科と算数の教官にも発表していただきました。

発表したカンボジア人の教官は
「理数科の教材を支援していただくだけではなく、日本人ボランティアの先生が、使い方の指導や管理の仕方、実験方法などを教えてくださり、教師としての能力が高まった。とても良い関係を築けている。」
という、成果について報告してくださいました。
ロータリークラブのご支援のおかげで、カンボジアの教員養成校では、教材教具が少しずつ増えてきました。

しかし、授業の中で学生たちが教具に手を触れて体験してもらうには、まとまった数の教材教具が必要であり、まだまだ教材教具の数は不足した状態です。
限られた教材の中で、各教員養成校に派遣された日本人ボランティア教師が創意工夫しながら、現地の教官たちに指導をして、教師育成のために、日々活動をしています。

今後も支援者の方々の協力のもと、カンボジアの教師の能力向上を目指して、活動を積み重ねてまいります。


松倉洋海


写真 カンボジア人理科教官の発表 大きな写真を見たい方はこちら »
  • クレジットカードで寄付する
  • 地球の未来のためにエコとリサイクルをお手伝い スマイル・エコ・プログラム ちょっといいことしませんか?
  • 寄付ができる自動販売機を設置しませんか?
  • SoftBank かざして募金
  • ホームページ制作はお任せください。 公益財団法人CIESF(シーセフ)×ステージグループ

NPOを無料で簡単に支援できる!| gooddo(グッドゥ)

Copyright (C) CIESF. All rights reserved.

↑