教育政策大学院大学事業|公益財団法人CIESF(シーセフ)は、教育をはじめとして、カンボジアなどの発展途上国を支援しています。

教育政策大学院大学事業

教育政策大学院大学事業
教育政策大学院大学

カンボジアの教育で問題視されるのが、「教育の質」と「教師の質」です。
「国境なき教師団」の活動で行っているような現場レベルではどうにもならないのが、国の教育制度・教育政策の部分です。「教育の質」に関係する教科書やカリキュラムの策定は教育省の管轄であり、「教師の質」の低下に関係している待遇の悪さは教育行政に問題があります。しかし、カンボジア教育省の行政官でも、教育行政や教育制度について学ぶ機会がほとんどなく、知識が乏しいのが現実です。

こうした現状を踏まえ、CIESFは2012年10月にカンボジア教育省と共同で、教育省の行政官や教師の再教育の場として「教育政策大学院大学」をプノンペン市内に設立しました。入学資格があるのは、教育省の職員として省内で高い評価を受けた若手・中堅の幹部候補生で、入学試験に合格した20名が入学することができます。この大学院は、教育行政に関する基礎を学ぶ貴重な場です。2年間でしっかりと他国の教育行政や教育政策を学ぶことで、優秀な教育省の行政官や教師が増え、将来的にはカンボジアの教育行政の進むべき道をつくっていくリーダーの育成につながっていきます。

入学試験

カンボジア教育省は、2014年から本格的な教育改革(5か年計画)に乗り出しました。この改革では、教育分野の高度人材に“修士課程修了以上の学歴”が求められていることもあり、設立からわずか数年ですが、教育政策大学院大学はカンボジアの教育行政にとって重要な役割を担うこととなりました。

設立から3年間、大学院の運営費はほぼすべてCIESFが負担してきましたが、2015年10月より教育省の運営費一部負担が開始され、将来的にはCIESFが運営費を負担しなくても、カンボジア教育省が単独で自立運営できるようにしていく方向で教育省と合意しています。この大学院が、カンボジアの教育問題を根本解決へと導くきっかけになれば幸いです。

  • クレジットカードで寄付する
  • 地球の未来のためにエコとリサイクルをお手伝い スマイル・エコ・プログラム ちょっといいことしませんか?
  • 寄付ができる自動販売機を設置しませんか?
  • SoftBank かざして募金
  • ホームページ制作はお任せください。 公益財団法人CIESF(シーセフ)×ステージグループ

NPOを無料で簡単に支援できる!| gooddo(グッドゥ)

Copyright (C) CIESF. All rights reserved.

↑