教師派遣事業「国境なき教師団」|公益財団法人CIESF(シーセフ)は、教育をはじめとして、カンボジアなどの発展途上国を支援しています。

教師派遣事業
「国境なき教師団」

教師派遣事業「国境なき教師団」
教師の卵

「国境なき教師団」は、国境を越えて教育支援を行うCIESFの理数科ボランティア教師たちです。「国境なき教師団」では、2009年度からカンボジアの教員養成校に日本人のベテラン教師を教育アドバイザーとして派遣する事業を行ってきました。

「国境なき教師団」の役割は、教員養成校の学生に直接指導することではなく、教員養成校のカンボジア人教官が教師の卵である学生たちに質の高い指導ができるよう、サポートすることです。「教員養成校のカンボジア人教官の能力向上」を目標にしています。

教員養成校の教官

カンボジアにおいて、ポル・ポト派の独裁政権時代に崩壊した教育の立て直しに不可欠なのが、教師の質の向上です。教員養成校の教官でさえ、授業では教科書とペンだけで指導していることが多く、教材を活用したり、実験を取り入れた授業を実施したりする機会があまりありません。カンボジア人教官と日本人ボランティア教師がチームを組んで協力して授業改善を行うことで、カンボジア人教師の能力向上へとつながっていく活動です。

教員養成校が自立して優秀な教師を輩出できる学校になることで、カンボジア全土で優秀な教師が増えて、子どもたちが質の高い教育を受けることになり、カンボジア全体の教育改善につながると信じ活動しています。

この事業の方針は「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」ことです。

理数科教師

支援教科は世界共通科目であり、基礎教育に欠かせない理数科に限定しています。理数科教師の質を向上させることは、初歩的な計算能力や論理的思考がしっかりと身についた人材の輩出につながります。このような人材の輩出が外国企業の投資や進出につながり、やがてカンボジア経済の活性化につながっていくのです。CIESFがかかげている「教育をすべてのはじまりに」という考えに基づいています。

  • クレジットカードで寄付する
  • 地球の未来のためにエコとリサイクルをお手伝い スマイル・エコ・プログラム ちょっといいことしませんか?
  • 寄付ができる自動販売機を設置しませんか?
  • SoftBank かざして募金
  • ホームページ制作はお任せください。 公益財団法人CIESF(シーセフ)×ステージグループ

NPOを無料で簡単に支援できる!| gooddo(グッドゥ)

Copyright (C) CIESF. All rights reserved.

↑